×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



柴犬日記・其の一

はじめまして〜わたくし柴犬のカンちゃんといいます。
カンちゃんと言っても女の子ですからくれぐれも間違わないで下
さい。
2003年10月25日蠍座生まれの女の子です。
はじめて今の家族に会ったとき幼いながらもこの人達だ!!
 とかけ寄ったことで今の家一緒に住むことになりました。

これからのストーリーは私が札幌の手稲にやって来たところか
ら始まります。
皆様時間の許す限り、ゆっくりとご観賞ください。
はじまり・・・はじまり・・・・・・

2006年10月30日


先週末、両親が旅行に行っていた。
なもんで、カンチは、私が仕事から帰ってくるまで
隣の叔母(母の姉)の家で面倒を見てもらっていた。

日頃から、この叔母夫妻には可愛がってもらっていて、
カンチ的には超嬉しい!・・・・って感じだったみたい。

初日、夕方の散歩から帰ってきたカンチは、
ためらうことなく、先頭をきって叔母の家に
自ら入っていったらしい。
ずうずうしいな、カンチ。。。。

そして、仕事から帰った私は、
今日一日、カンチはどんなに私を待っていたことだろうと、
急いで迎えに行くと、
「あら?いらっしゃい。。。」って感じの、冷めた態度。

その後の二日間も
叔父、叔母に甘やかされ、
オヤツも食べ放題、
我儘言い放題で過ごしたらしく、
カンチ的には夢のような三日間だったらしい。

完全に焼きもちを妬いた私は、
寝室を別にした。

なんとなくギクシャクした雰囲気で、
両親を迎えに、駅まで行くと、
列車が着く前から、カンチ、号泣!!!
きゃ〜ん、きゃ〜ん、と甲高い悲鳴のような声で泣きまくり、
皆、不可解な顔でこちらを見る、
はずかしい・・・・。

でもやっぱ、カンチ、待ってたんだね。
その後、感激の再会を果たし、
またもとの人懐こいカンチに戻った。

カンチ、我が家を忘れたのかと思ったよ。。。
気のせいか、目の輝きが違うような。

早速、お土産のオモチャとジャーキーをもらい、
ご満悦のカンチ。
父の傍から離れない。
両親は、旅先で、「どこかペットショップはありませんか?」と聞いて
苦労して、このお土産を買ったそうだ。
しかも、札幌より大分高い!!!

ちなみに、私には、なぁ〜んにも、なぁ〜んにも
お土産はありませんでした。
キィィ〜!!!

2006年10月26日


昨日、カンチに嬉しいことがありました。

時刻は遅く、カンチは既におねむ。父の布団でスヤスヤしてる頃。

カンちゃんのお友達?から素敵なバースディープレゼントが届きました。

うつろなカンチに、「カンちゃん、プレゼントだって」
と、そのオモチャを見せると、
一気に目がまん丸になり、
我が家ではタブーの、ソファーの上にまで前足をかけて
「よこしなさいよ!それ」、となくカンチ。

カンちゃん、足!
ソファーに乗ってる!
だめじゃん!

犬の目はモノクロにしか見えないと言うけど、
カンチは、何故か赤いものやピンクのものが大好きみたいで、
その後、ひとしきり、その可愛いオモチャで遊ぶカンチ。
とっても気に入ったみたい。

だけど、いかんせん、眠い・・・・。
だけど、オモチャも手放せない。。。。

その内、カンチはオモチャを抱えたまま、眠ってしまった。
カンチ、嬉しかったんだね。
カンチは幸せ者だね!
そんなカンチを見てると、私も幸せだよ。

カンチのお友達さん、本当にありがとう!

2006年10月25日


今日はカンチの三歳の誕生日。
一日早いけど、昨日お祝いをしました。

お誕生日ということで、
牛フィレ肉(発寒イオンで30%OFFだった)、プチブーケ、
そしてワンコ用レアチーズケーキを用意しました。

しかし、あれですね。
犬用のケーキとはいえ、一個380円。
しかも、めちゃ小さい。
その後、母に買った六花亭の大福が、四つで380円。
どうなの、これ・・・・。

母なんか、
「私の誕生日の時は、お花なんて買ってくれなかったのに!」
って顔をキリリとさせて、カンチのお誕生日セットを見つめていました。

でも買ってあげてよかったなぁ・・・と思うくらい、
お肉もケーキ喜んでいたし、ブーケも・・・・これは自己満足かな?

ところで、このプチブーケ、近くのお花屋さんに作ってもらったんだけど
どんなイメージで?と聞かれ、かわいらしくと答え、
ラッピングの際、女性の方に贈られますか?と聞かれ、
一瞬、?と思ったんだけど、ハイと答えたら、
それはそれは、かわいらしく、素敵にラッピングしてもらっちゃって、
今更、犬なんでラッピングは適当にとは言えなかった。

お花屋さん、ありがとう!!!!
カンチも、「綺麗なお花、どうもね」って言ってたよ。

写真は、お誕生日セットを前に、カンチと首から下の母とで、記念撮影。。。
ま、あくまで、主役はカンチということで・・・・。

2006年10月23日


朝晩、めっきり寒くなり、散歩も辛い季節となりました・・・・
というのは嘘で、私もカンチも元気に散歩を楽しんでいます。
日本犬にとっては、これからが本領発揮の、良い季節だもんね。

今日はやっぱり、近場の稲積公園。
カンチは落ち葉のカサカサ具合や、大量に落ちてるマツボックリがお気に入りらしく、
玄関から出ると、大抵この公園に向かう。

子犬時代から、何でもよく拾う犬で
ボールはもちろん、手袋、ハンカチ、帽子、プラスチック製のかけら、
汚いもので、使用済みのティッシュ、何故か使用済み湿布など。
だし、飲み込みはしないので安心はしてるけど、
さすがに、使用済みティッシュを取り上げる時は
私のほうが勇気がいった・・・・。

ちなみに、今日の戦利品は、髪を結ぶ誰かのゴム。
これも使用済みらしい・・・・。(写真)

たまにはさぁ、カンチ
何か違うもの拾ってくれないかなぁ。

例えば・・・・
・・・お金とか。
・・・お金とか。
・・・お金とか。

いやらしい飼い主・・・・。

でもさ、明後日カンチ誕生日だね。
楽しみにしてて!
もうすぐ三歳のお姉ちゃんだもんね。

2006年10月20日


うちのカンチは、他所の柴ちゃんに比べ、
ちょっと鼻が細い・・・というか長い。。。

ある人が、ドックショーに出るような柴犬は、
尻尾の形や耳の形の綺麗さはもちろん、鼻が短いのが基本なんだよ、
と言っていた。
うちのカンチを見ながら・・・・・。。。
あぁ、そうですか・・・・。。。
父に言ったら、「鼻が長いほうが、かっこいいべや」
と言ってた。

子犬の頃のカンチは、大人びた顔で、
子犬特有のコロ、コロッとした体型ではなく、
ガリガリに細くて、ついでに顔も細くて、
お世辞にも、カレンダーに出てくるようかわいいっ!という柴犬ではなかった。
どちらかというと、貧相系?みたいな・・・・。

そんな時も、父だけは
「スタイルが良くて、かっこいいいべや。なぁ、カン子」
と満足げに晩酌していた。

ま、飼っちゃえば、かわいくて、かわいくて・・・。
鼻が長かろうが、泥棒顔だろうが・・・・。

でも、ついつい、カンチを見てると、
長い鼻を掴みたくなるんだよね。

2006年10月18日


今日は、午後からお休みをもらい、
カンチと小樽市立公園に行ってきた。

昨年の今頃は、紅葉の真っ只中だったけど、
今年は遅れているみたい。7割位の紅葉かな。。。

毎度のことながら、カンチの専属カメラマンに徹した私は、
右に左に、上から下から、時にはしゃがみ込み、
カンチの目線より下からとろうと、地べたを這いずり廻る私・・・。
他人からみたら・・・どうなの。。。。私・・・・。

地べたすれすれにお尻を下ろし、なんとかカンチの可愛い表情をと
必死の私。
ん?・・・何かお尻にチクリと鈍い痛みを感じるが、
シャッターチャンスを逃してなるものか!
その後、立ち上がって下を見ると、なんとそこは、落ちた栗の大群!
痛いわけだよ。。。

苦労して撮った写真を今見てみると、
大半は、カンチはあっち見てたり、仏頂面だったり・・・・。
たまに遠出すると、つい張り切りすぎて、写真目的になってしまい、
カンチ的には、また写真?て感じの表情になってしまうんだよね。

ごめんよ、カンチ。。。
でも、アタイは懲りないからね。。。フフフ・・・。
またね、カンチ。

2006年10月16日


我が家から、カンチの好きな稲積公園に行くには、
高架となってる駅直結の橋を渡って行かなければならない。
初めの頃は、階段を上がって橋を渡っていたのだが、
ご親切にも、この橋、たった二階までしかないのに、
エレベーターが付いている。
一度、興味本位で、カンチをエレベーターに乗せてみたところ、
人生初エレベーターに、カンチは、
目をまん丸にして、「なに!これ、すんごい楽チン!」
て感で私を見上げ、
それ以来、この公園に行くときは、
いくら「カン子ちゃんはワンコなんだから、階段で行こう」
とリードを引っ張っても、
「いんや、アタイはエレベーターがいいの!」
と、強引に乗り込んでいく。
そして、ちゃんと反対側の降り口に、向きを変え、
涼しい顔して扉の前にお座りしてる。
一度、両親が初めてこのエレベーターに乗った時、
どっちの扉が開くのかと、キョロキョロしていたら、
カンチは一人、・・ていうか、一匹、
ちゃんと反対側の扉の前に座り、鼻でこっちだ、
と両親に合図したらしい。
お利口カンチ〜!でも絶対、自分は犬だと思ってないね。

2006年10月13日


今日の散歩は稲積公園にした。
寒かったけど、空気が澄んでいて、秋なんだなぁ・・・と実感した。
そして、改めてカンチに感謝の気持で一杯になった。
カンチと散歩するようになってから、
緑や紅葉の美しさ、一面の雪に、はしゃぐカンチを見る嬉しさなど、
季節の移り変わりを心から実感するようになった。
そして、大げさに言えば、日本という国、そして北海道、更には私の暮らしてるこの手稲
という街までもが、日々、好きになってきている。
いいところだなぁ・・・と思う。
それは、絶対にカンチが傍にいるから・・・・。カンチが生きてるから。
カンチと一緒なら、何を見ても、何を聞いても、幸せな気持ちになる。
だからカンチ、長生きしてね。
できれば、丈夫で長生きしてね。
写真は、公園でご機嫌なカンチ。
笑ってるね、カンチ。でも歯、出てるよ。

2006年10月11日


今日の午前中はひどい天気だった。
ただ、幸いなことに、カンチ達(父と母を含む・・・あくまでもカンチ中心)がお散歩から帰った後に
大雨、雷となったので、皆濡れずに済んだ。
とはいえ、朝からこの天気で、家の中は真っ暗・・・。
こういう天気は、犬にしても、眠りを誘うのだろう。
大好きな朝食、パンに目玉焼き、ソーセージを、しつこいオネダリを繰り返して
見事胃袋に納めたカンチは、ンゴゴ、ンガッ・・・と、可愛げのない鼾をかいて爆睡してる。
可愛げのない鼾とはうらはらに、寝顔がなんとも、なんとも、可愛いぃぃっ・・・!
つい、触りたくなり、そして、起こしたくなり、カンチ、カンチ、起きてと声をかける。
しかし、こういう時、カンチは絶対に起きない。
目も開けようとしない。しかし、耳はわずかに動いてる。
おそらく、ウザイのだろう。
そうなると、こちらもあんなに可愛いと思ったカンチの寝顔がふてぶてしい顔に見えてくる。
強引に、「起きてぇ〜」と顔をもちあげ、撮った顔がこれ。
栗饅頭みたい・・・・。いや、おっさん顔の豚饅か・・・。
おっさん顔の豚饅て何?
柴って、時々オヤジくさ〜い顔する時あるけど、そこがまたなんとも可愛い。
饅頭だろうが、オヤジ顔だろうが、もう、何でもいいっ!
ところで、カンチ、なんだか肉饅が食べたくなってきたね。
ちょっと付き合って・・・皮あげるから。。。。

2006年10月09日


朝一、カンチを病院に連れてった。
尿検査をするため、提出する尿を採取しなければならない。
できれば、直前のフレッシュな尿がいいらしい。
病院の近くの草わらで、魚のトレーを持ち、カンチの後ろにピタリとつき、
チャンスをうかがう私。
「なんなのぉ?なんなわけぇ?」
みたいな迷惑顔で振り向くカンチ・・・。
カンチ、あんたの尿待ちなんだよ。ちゃちゃっとしてちょうだいな。。。。
気持ちが通じたのか、間もなくしゃがむカンチ。
自分でも感心するほどの素早さで、トレーすべりこませ、キャッチ!
日頃、のろまだのとろいだのと人に言われる私にしては、
ほれぼれするような俊敏さだ。
よくやった!私・・・・。
その後、見事尿検査をクリアしたカンチ。
ところで、カンチは病院が大嫌い。当たり前だけど。
でも、待合室で待ってる間中、ヒィヒィ、キャインキャイン泣くので、
呼ばれるまで車の中で待機させることにしてる。
今日もいつものごとく、車の中からもカンチの甲高い泣き声が聞こえる。
窓を少し開けてきたせいか、特別うるさい。
でも私は知らん顔・・・・。
待合室で待ってる他所の飼い主さんと共に、
「どこのワンコちゃんざますかねぇ?随分賑やかなワンコちゃんざますねぇ」
なんて顔でゆったりしてる。
その後、呼ばれるとダッシュでカンチを連れに行き、
誰の顔も見ずに、猛スピードで診察室に連れて行く。
一瞬の恥だ・・・頑張れ、私。
写真は、先生に呼ばれて車まで迎えにいった時のカンチ。
何犬か判らないほど、耳がピッタリ下がってなさけない顔してる。
弱虫カンチ・・・・・。体は今日いたワンコちゃんの中で一番大きかったのに・・・。

2006年10月07日


今日はひどい雨・・・・。
いつもはリビングの出窓で日向ぼっこするカンチも、
こんな日は眠いのか、私のベットでゴロリと横になり、スヤスヤ眠ってる。
ところで、昨日の散歩でのこと。
いつもの公園に行くと、カンチが急ブレーキをかけて止まった。
カンチの鼻先を見ると、齧りかけの草大福が一つ、転がってる。
よく見ると、カビ生えてるし・・・・。
しかし、カンチは食べたいらしい。なぜなら、大福の美味さをよく知ってるから。
大福好きの母から、時々カンチはおこぼれをもらっているのを私は知ってる。
「食べてもいいかい?」と私の顔を見上げるカンチに、
「カンチ、拾い食いはだめだよ。しかもカビ生えてるしょ」
と、私が諭し、しぶしぶ、後ろ髪を引かれるように公園を後にした矢先、
またしても、何かにクンクン・・・。
なんだ?・・・・ギャァ〜・・・・誰かが吐いた唾だぁ。
カンチの鼻先が数ミリまでせまっていた。
カンチ・・・何でカンチは汚いもの、臭いものが好きなの?
そういえば、カンチ、お父さんの足、昨日舐めてたよね。しかも、うっとりと・・・。
その後、私はカンチにおやすみのチュウをしてしまった。
ウプッ・・・・・。
写真は、カビた草大福に興味津々のカンチ。

2006年10月05日


カンチの膀胱炎は、薬の効果でとても回復した。
病院に行った日、カンチは石の可能性もあるため、一応レントゲンを撮ることになった。
レントゲン室に連れて行かれるカンチの泣き声と、その後の撮影写真を見ながらの先生の説明
を聞くこの状況に、すっかり大変な病気を抱えた飼い主のような気分になってきた。
写真を見ながら先生が「ここが膀胱で、ここに腫瘍などがある場合・・」、私は驚き、「先生!
カンチ、ガンなんですか?」、「いえ、ある場合です。カンちゃんはありません・・・・。
で、この石は・・・・」私はハッとして「先生!私さっきから考えてたんだけど、カンチの石の
原因は恐らく、砂場遊びだと思うんです。私が悪いんです。
カンチこのところ砂場で遊ぶのがマイブームらしく、喜ぶもんでさっきも海に行って、
目から鼻から口の中まで砂だらけになってたんです。
おそらくこの砂場遊びの砂が蓄積されて、石になったのでは・・・」
間髪おかず、先生は「関係ありません。そしてカンちゃんは石もありません。しかもあなたの言う石とこの場合の石とでは全く違いますから。それより、最後まで話を聞いてもらえませんか」と言われた。その後、アルカリ性に傾きつつある尿だの、なんだの、私には今3つくらい理解できない説明を受けた後、「先生、結局私はこの後、家族になんて説明すればいいんですか?
膀胱炎でいいんですか?」と聞いたところ、先生は「いいでしょう」と答えた。
最初っからそう言えよ・・・・という不満を顔に出さず、私は笑顔で八千いくらを払ってきた。
気分を変えて・・・カンチに100キンで首輪を買った!100円とは思えないくらい
可愛かったんだもん。写真の首輪がそれ。
カンチ、カンチは美人だから安物もよく似合うよ。。。。

2006年10月03日


カンチが膀胱炎になった。2〜3日前から予兆はあったらしい。
あったらしい、というのは、日曜の朝、いつものように散歩に行った父が
「カンチ、膀胱炎じゃないか?一目散で公園に走っていって、オシッコするぞ」
と言っていたのだ。
しかし私は、何を素人が的な言い方で、「ありえない、100%ない!」と言い切ったのだ。
私との夕方の散歩の時には、そんな様子感じられなかったし、
何より、カンチのことを一番分かってるのは私、という根拠のない自信があったから・・・。
でも今日の夕方の散歩で、カンチのオシッコの回数が何十回を越え、ほとんど搾り出すような
排尿の仕方を見て、病院に直行した。
多分、まだ初期段階の膀胱炎で、薬で治るだろうとのこと。
カンチごめんね。つらかったよね?
でも、私は少し嬉しい気持ちもあるんだよ。
それは、父がただカンチを可愛がるだけしゃなく、義務的に散歩しているのではなく、
ちゃんとカンチを見ていてくれてるんだなと実感したから。
カンチ、お父さんにも相当愛されてるみたいよ。
だからカンチ、健康でいてね。
カンチが膀胱炎になるぐらいなら、私がなった方いいよ。
カンチが抗生物質飲むくらいなら、私が飲んだ方いいよ。
カンチ・・・ずっと、元気でいてね。
病院からの帰宅後、父の布団で、父の微妙な香りに包まれながら、安心した顔で休むカンチ。

2006年10月02日


ここ2,3日、ちょっと忙しかったせいか、あまりカンチをかまってあげていなかった。
・・・・なもんで、妙にベタベタくっついてくるカンチ。
今朝方も、いつもは足元で寝てるカンチが、布団の中に入ってきて、私の腕枕で眠ってる。
スーピー、スーピーという寝息から、クチャクチャ口を動かし、モグモグしたあげく、
舌なめずりまでしてる。本人・・というか本犬は熟睡してるらしい。
恐らく、何か美味しいものでも食べているのだろう。
その内、ヒ〜ンヒ〜ンと泣き始めたと思ったら、またクチャクチャ口を動かして舌なめずり・・・。
おおかた、私にでもご馳走を取り上げられ、泣いて返して貰って、ゴックンしたんだろう。
現実にこの光景、よくあるもんね。
カンチ、夢でまで意地悪してごめんよ・・・・。
そういえば、今朝のカンチ、朝から妙に食欲あったなぁ。

2006年09月30日


恐ろしく可愛いカンチを見ていると、ついある衝動が起きる。
押し倒してのチュウだ。。。。カンチは迷惑半分、恍惚半分といった表情。
特に朝、仕事に行く直前、一日会えないと思うと・・・カンチの匂いを嗅ぎたくなり、
当然のチュウ。変態でしょうか。。。。
でもカンチはこちらの気持ちがわかるみたい。
出勤前、最後のお別れに、カンチ〜と歩み寄ると、このポーズで待ち構える。
オッケ〜!カモ〜ン!・・・って感じ?
ある意味、カンチのお仕事です。いい仕事してますね。カンチ・・・。

2006年09月29日


今日の散歩は、近場でカンチの大好きな公園、稲積公園に行ってきました。
この公園は、カンチの大好きな松ぼっくりが大量に落ちていて、カンチ的には、ウホウホの
宝の山状態といえましょう。・・・・あくまでカンチ的には。。。
カンチ流松ぼっくりの遊び方は、まずは思う存分噛んで感触を味わい、その後私の足の前にコロンと落とし、「蹴ろ!」とアイコンタクトで指示します。
この遊びは、こちらが「もう、やめた」と言うまで、エンドレスに続きます。
ちなみに、これは、石でも応用できます。・・・カンチ的には。。。。
写真は、私の蹴り待ちのカン子ちゃんです。可愛いな、カンチ。

2006年09月27日


今朝二階で仕事に行く準備をしていると、ガシャーン、ガラガラ、という音がし、母親のひゃぁ〜という悲鳴が聞こえてきた。あわてて降りていってみると、向かいの飼い猫ちゃんが我が家にどこからか侵入し、カンチに追いかけられてキッチンで大暴れしているところだった。一瞬何?と思うほどのすばやさで猫ちゃんは高いところ高いところに飛び移る。パニくってるらしい。その後猫ちゃんはバスルームに逃げ込み、我々は捕獲した・・・・と思った。しかし、飼い主を連れてきてどれだけ探しても、問題の猫ちゃんは見つからない。逃げ場はないし、何故?・・・・そこでカンチの登場だ。人間の目には探せなくても動物の嗅覚なら一発よ!と我々は得意げに猫ちゃんの飼い主さんに言い放ち、自慢のカンチを登場させた。カンチ、行け!・・・・・しかし客好きのカンチはすっかりおだってしまい、猫ちゃんの飼い主さん、いらっしゃいませ、てな感じで、オモチャを持ってきては遊んで転がり、オヤツの催促までする始末。結局カンチはまったく役立たなかった・・・・失望だ、カンチ。その後私がバスルームのボイラーの影で怯えてる猫ちゃんを発見し、一件落着した。バカ犬カンチめ。日々、ゆる〜い生活を送ってるカンチは、獣としての勘を失ってしまったみたい。最近カンチは朝方になると肌寒くなるらしく、このように布団に包まってスヤスヤ寝てる。この姿にもはや野生の勘はないな・・・・・。それでも好きだよ、カンチ。

2006年09月25日


おとついカンチをシャンプーした。柴犬の多くは水を嫌う子が多いらしい。もちろんカンチも大っ嫌い!シャンプーしている間中大泣きされる。その泣き方が半端ではなく、他人が聞いたら虐待でもしてるのではないかというような叫び声を上げられる。少しでもカンチが安心するようにと思い、母が抱きかかえ、私が洗い担当で、母ごとシャンプーする。母も泡だらけとなる。シャンプーしている間中、私達はカンチに気を遣い、「カンチ、終わったら牛乳だよ」だの、「えらいなぁ。カンチ、お利口さんだ」などと心にも無いことを言っておだてる。口先だけで言ってるのが分かるのだろうか?カンチは泣く・・・・。カンチも疲れるだろうが、我々だってヘトヘトだ。皮膚の弱いカンチは2〜3週に一度はシャンプーしなければならないのだ。一度プロの人にお願いしたんだけど、その後の皮膚の状態があまり良くなく、やはり肌に合うシャンプーで二人がかりでする方がカンチには合ってるみたい。母が短パンに着替えると、この写真の如く、カンチの耳は自動的に下がる・・・。次は3週間後だよ、カンチ。うしし・・・・。

2006年09月09日


稲雲高校のコスモスロードというところに行ってきました。毎年5月下旬くらいにこの高校前の坂道にうちの母親を含む十数人でコスモスの種をまいています。このコスモスの坂道は高速よりも高い位置にあり、見晴らしもよく、なかなか素朴で素敵です。なんとか一面のコスモスの中にカンチを立たせ美しく撮りたいと思うものの、何せ犬なんでなかなか思うようなシャッターチャンスに恵まれません。お父さんがきた!と嘘をつき、カンチの目線を向けさせながら、車道に膝をついたり座り込んだりして撮ったんだけどこの程度・・・・。二度ほど車に轢かれそうになりました。ドライバーの皆さん、バカ飼い主をお許しください・・・・。

2006年09月05日


今日の散歩は涼しくて気持ちよかったぁ〜・・・私もカンチも。正に秋になったんだなぁと実感しました。秋生まれのせいか、この季節が一番好きな気がする。ちなみにカンチも秋生まれ。この写真は昨年小樽の花園公園に行った時のもの。春には桜が満開になり、その後ツツジが一面に咲く、地元の人がのんびりと散策してる静かな公園で私は大好きです。海も似合うけど紅葉も毛色にしっくりとなじみ、ほれぼれしちゃうよ、カンチ・・・・。

2006年08月31日


今日で8月も終わり・・・・。毎日すごく暑かったせいか、なんだかとても長い月に感じました。だけどこの2,3日は朝晩はめっきり秋風が・・・。そのせいか夏バテ気味の柴犬カンチもこのところ食欲復活!既に食欲の秋に突入しつつあります。ところでカンチはおもちゃと首輪の数だけは恐ろしいまでに所有しており、おもちゃの数といったらもらいものも結構あるので月に5つくらいはあたります。新品おもちゃを見たときのカンチの表情ったら・・・ラッピングをとる間に飛びつかれ、あちこちミミズバレになるほど興奮&感激しまくります。買ってあげて傷つけられて・・・・ひどいよ、カンチ。

2006年08月23日


 前田森林公園にて、草わらからお宝をゲット!何気に得意げな顔・・・・。 

2006年07月24日


賢い賢い私のカンチ




HOMEへ
インディックスへ